呼吸器外科

呼吸器外科

当院の呼吸器外科では、東村山市の八国山緑地に隣接した自然豊かな環境で、「確かな技術」、「正しい医療」を信念とし、患者さんおひとりおひとりの生活と価値観を大切にしながら、安心して治療が受けられるよう、患者さんに寄り添った診療に努めています。主な診療としては、肺腫瘍(肺癌、転移性肺腫瘍、良性肺腫瘍)、縦隔腫瘍、気胸などの手術を行い、もっとも多い肺癌の手術(肺葉切除+リンパ節廓清術)では、ハイブリッド胸腔鏡手術を行っています。ハイブリッド胸腔鏡手術は、「安全で確実な病巣の摘出」と「患者さんの負担軽減」を両立(ハイブリッド)させた術式となります。

新山手病院呼吸器外科で治療を行っている代表的な疾患

肺腫瘍

肺腫瘍として分類される疾患として、「肺癌」、「転移性肺腫瘍」、「良性肺腫瘍」があります。肺癌は、肺に発生する悪性腫瘍で、肺そのものから発生したものを原発性肺癌といい、通常肺癌と言うと、この原発性肺癌を指します。転移性肺腫瘍は、別の臓器で発生した癌が、血流やリンパなどの流れに乗って、肺へ転移した腫瘍のことを指します。良性肺腫瘍は、肺に発生する腫瘍のうち進行速度が遅く、他の臓器へ転移することのない腫瘍を指します。肺腫瘍は、どの疾患においても自覚症状が乏しく、健康診断や他の治療の際に発見されることが多い疾患です。特に悪性腫瘍の場合、進行が進んでいることが多く、がんの中で最も治療が難しいがんの一つです。

気胸

気胸は、何かしらの原因により肺を包んでいる胸膜に穴が開いてしまい、胸腔内へ空気が漏れ出てしまう疾患です。胸腔内へ漏れ出た空気は逃げ場がなく、肺を圧迫してしまうのでうまく呼吸することが出来なくなります。外的要因がないのに発生する気胸を「自然気胸」といいますが、10歳代から30歳代のやせ型男性に多く発生する「原発性自然気胸」と肺気腫や間質性肺炎などの肺疾患を患っている人に発症する「続発性気胸」があります。

縦隔腫瘍

縦隔とは左右の肺に挟まれた空間を指し、心臓、大血管(大動脈、大静脈)、気管支、食道、胸腺などの臓器が存在する場所を言います。縦隔腫瘍は、これらの臓器に発生した腫瘍の総称で、一般的には他の腫瘍と比較すると発生率の少ない疾患です。発生年齢は、小児から高齢者まで幅広く、腫瘍の種類も悪性から良性まで幅広くなっています。

胸部外傷

交通事故や転落などで胸部に強い衝撃を受けると、胸の中にある大事な臓器を守る肋骨が折れることがあります。肋骨骨折は非常に痛いだけでなく、多数の肋骨骨折を起こすと胸の形を保てなくなり、重症の場合は呼吸困難になります。さらに、骨折した肋骨がその内側にある肺や横隔膜を傷つけると空気漏れを起こし肺がしぼんだり(外傷性気胸)、胸の中に血がたまったりして(血胸)、呼吸が苦しくなります。

主な手術の手技

胸腔鏡手術

胸腔鏡手術(VATS(バッツ):Video-Assisted Thoracic Surgery)

呼吸器外科の手術は、現在そのほとんどが患者さんへの負担をより軽減した胸腔鏡手術(VATS)で行われています。これは、細いビデオカメラ(胸腔鏡)を肋骨と肋骨の間から胸腔内に挿入し、画面に映し出された映像を見ながら手術を行うものです。操作する器械を挿入するための1,2センチ程度の傷口ですむため、これまでの開胸手術に比べ、傷口が小さく、痛みが軽いのが特徴です。当院では、「安全で確実な病巣の摘出」と「患者さんの負担軽減」を併せ持ったハイブリッド胸腔鏡手術を積極的に行っています。

新山手病院呼吸器外科の診療内容

主な手術の内容

  • 肺腫瘍(肺癌、転移性肺腫瘍、良性肺腫瘍)に対する肺切除術
  • 感染性肺疾患に対する肺切除術
  • 膿胸に対する掻把術、開窓術
  • 自然気胸、続発性気胸に対する肺嚢胞切除術、肺縫縮術
  • 縦隔腫瘍切除術
  • 肋骨骨折に対する肋骨固定等の外傷手術

チーム医療

当院では、呼吸器内科はもちろんのこと他科と連携して、心疾患、消化器疾患、糖尿病、整形外科的疾患、種々の合併症のある患者さんの手術にも対応しています。また、悪性腫瘍に対しては手術に加えて化学療法や放射線治療を含めた集学的治療も行っています。

呼吸器外科外来診療日

火曜日午前 髙橋
金曜日午前 渥實