新山手病院のとりくみ

当院では、安心安全の医療を提供するため、様々な活動を行っています。
こちらでは、活動内容の一部を紹介します。

感染対策室

感染対策室は、認定感染制御医師(ICD)を室長とし、感染管理認定看護師(ICN)を院内感染対策管理者としていますが、決定機関である感染対策委員会・実働部隊であるICT(感染制御チーム)を補佐し、各部署の垣根を越えて組織横断的な活動を行っています。また、病院内における患者様と職員を守る安全管理室とも密に連携し、安全な医療を推進するための両輪として業務に取り組んでいます。

感染対策室 室長
認定感染制御医師(ICD):奥田達也

感染対策室の活動内容

  • 院内感染対策マニュアルの作成・改訂(最新情報の収集・分析)
  • 各部署のラウンドによる感染対策のリスク評価・確認・普及
  • 感染性医療廃棄物などを含むゴミ分別の適正化
  • 抗菌薬使用のモニタリングと適正使用の推進
  • インフルエンザや感染性胃腸炎(ノロウィルスなど)の発生状況の把握と報告
  • 病院職員へのインフルエンザワクチン接種
  • 手洗いなどの感染対策教育
  • 医療器具の見直しによる感染対策の推進(感染対策に効果の高い診療材料の導入)
  • 職業感染対策(針刺し・切創・粘膜曝露対策)
  • 洗浄・消毒・滅菌などの手技の見直し
  • 医療関連感染サーベイランスの実施
  • 感染症法に基づく対応やアウトブレイク時の介入など

患者さんへ

感染対策室は、病院で安全な医療を提供するための支援を行っていますが、外部からのご相談もお受けいたします。(ただし、病気・治療に関することでお答えできないときは、ご了承ください。)

安全管理室

安全管理室は、「新山手病院 医療安全管理指針」に基づいて、組織横断的に院内の安全管理を担っている部門です。専従の医療安全管理者を中心として、次のような業務を行っています。

  1. 院内の安全管理に関する体制の構築および推進
  2. 医療安全管理委員会等の運営に参画
  3. 医療安全に関する職員への教育・研修の企画立案
  4. 院内の医療事故およびインシデント報告を集約
  5. 事故事例の分析・対策立案
  6. 医療安全に関する情報収集(院内・院外)
  7. 事故発生時の初動対応
  8. 受診される方やそのご家族への医療安全に係わる支援

基本理念 ~ 新山手病院 医療安全管理指針より ~

医療提供にあたっては、事故の発生を未然に防ぐことが原則であり、事故が発生した場合は、救命措置を最優先するとともに、再発防止策に向けた対策を取る必要があります。また、ヒューマンエラーが起こりうることを前提として、エラーを誘発しない環境、起こったエラーが事故に発展しないシステムを、組織全体で整備する必要もあります。

当院の医療安全管理指針は、このような考え方をもとに、医療施設全体の組織的な事故防止対策を推し進めることによって、受診者が安心して安全な医療を受けられる環境を整えることを目標とします。
当院においては、全職員がそれぞれの立場からチーム医療として安全に係わる問題に取り組み、受診者の安全を確保しつつ必要な医療を提供していくために、全職員の積極的な取組みを目指します。

医療安全管理指針の閲覧など

医療安全に関するお問い合わせ、当院の医療安全管理指針の閲覧を希望される方は、当院職員または患者相談窓口へお申し出ください。医療安全管理者が対応致します。
安全管理室長      丸山正二
医療安全管理者(専従) 齋藤八重