DPC包括診療について

この度、当院は厚生労働省より『DPC 対象病院』に認定されました。
これに伴い、平成26年4月1日以降に入院される患者さんより、入院医療費の計算方式が従来の『出来高払い方式』から『包括評価(DPC)方式』へ変わっています。

DPC包括診療のイメージ

DPC とは、医療行為一つひとつを積み上げて計算する『出来高払い方式』とは異なり、入院患者さんの病名やその診療内容を基に厚生労働省が定めた『入院1日当たりの定額の点数』を基本に医療費を計算する方法です。その定額の点数の中には、投薬、注射、検査などが含まれます。

ただし、手術、麻酔などのように、医師の専門的な技術を必要とするものは、従来どおり、出来高方式での計算となります。

DPC は、計算方式の変更だけではなく、医療の質の向上や透明化を図るために国が推進している制度であり、当院もこの趣旨に沿い DPC を実施いたします。

(注意 1)すべての患者さんの入院医療費が『包括評価(DPC)』で計算されるのではなく、一部例外的に出来高計算となる場合もあります。

(注意 2)DPC の計算方式へ変更後も入院費用は今までと大きく変わりません。また、高額療養費制度の取扱いは、従来と変わりません。