看護部の教育・研修体制

当院看護部は「教育は共育である」、「自己学習能力を育てる」という教育理念のもとに、それぞれの看護師が豊かな看護観を持ち、常に自己啓発することができるような環境作りを目指しています。新人教育にはプリセプター制度を導入していますが、プリセプターひとりが指導するのではなく、スタッフ全員が見守る体制をとっています。1年後の「あるべき姿」を目指して、看護実践能力を身に付けて行きますが、新人看護師一人ひとりの個性に合わせてきめ細やかな指導を行います。
配属を決める際も本人の適性と希望に配慮するよう心がけています。また、看護を実践し経験を積むなかで、自身の専門性を認識し、専門性を持った看護師になることをサポートします。

1年目研修

先輩からのメッセージ

kango

一病棟所属の看護師です。看護学校を卒業して、この新山手病院に入職し、看護師として働き始めた頃、私が特に苦労した事は、優先度と効率を考えながら時間内に働くという事です。とにかく一つ一つの業務に時間が掛かってしまい、なかなかチームの流れの中で動くことが出来ませんでした。もちろん、新人さんにとっては、スピードより正確さ丁寧さが大事です。しかし、限られた人数で多くの患者さんの看護の質を保つためには、時間で動くことはとても大事です。そんな時プリセプターさんから、毎日のタイムスケジュールを作るよう勧められました。仕事に入ると、もちろん予定通りにはいきませんが、頭の中だけで整理しきれなかったその頃の私には、とてもいい対策になりました。多くの方がそれぞれの病棟で、それぞれに自分の苦手な分野・不得意なことがあると思います。でも、その時は一人で悩まずに、是非プリセプターさんや先輩たちに悩みを話して欲しいと思います。今、自分がどのような状況にあるのか、どこで戸惑っているのか、沢山のコミュニケーションを取って、その中で個々に成長してくれればと思います。

新人の頃は、患者さんとご家族の生活や人生に、入っていくことの難しさと責任の重さを実感する毎日でした。でも、ほんの些細なことではありますが、何も出来なかった自分が成長していく過程で、患者さんやご家族の力になれたと実感する場面がありました。みなさんも様々に不安を抱えていると思いますが、これから感動する場面や自分自身の成長を感じる瞬間が必ずあると思います。より良い看護のために、一緒に頑張っていきましょう。

新人教育

新人教育としては、当院独自のプリセプター制度で対応しています。1年後に「看護手順や各種マニュアルに沿って、確実に業務展開が出来るようになる」「自律・自立した社会人として行動できるようになる」という目標に向かって、指導を展開しています。

当院で作成した「新人看護師ガイドブック」に沿って、一人の新人看護師をプリセプター(指導者)とサポーター(指導者の補佐的役割)が複数名で担当し、丁寧に指導を行います。ガイドブックでは「看護技術領域」「患者の理解領域」「業務の理解領域」の3つの領域に分け、それぞれの領域に沿ってプリセプターが個人に合わせながら支援を行います。これにより、焦りや不安を感じることなく成長することが出来ます。

プリセプターは、常に指導内容の評価を行い、それを病棟全体で共有し、他の職員に協力が得られるよう働きかけていきます。その為、プリセプターに対しての指導や支援も定期的に行い、負担の軽減や効果的な支援が行えるよう計画していきます。

新人教育の流れ

新人オリエンテーション
①集合研修Ⅰ
社会人としての基本を確認し、組織の一員として必要な知識を学ぶ
・結核予防会の使命、活動について
・接遇のモデルスタディ
・就業規則・給与規程などの処遇について  ほか
②集合研修Ⅱ
新山手病院について理解し、医療従事者としての基本的な知識を学ぶ
・当院の歴史と現状
・看護部の理念、組織、方針、役割 ・プリセプターシップについて
・他部署とのかかわり(検査、放射線、薬剤科他)
・院内感染、褥瘡、医療事故等予防対策について
・看護過程、看護記録について  ほか
③実地研修
プリセプターの指導のもと、プリセプティ年間計画に基づき配属先で実務訓練を行い、段階的に知識・技術を習得する。
・チームの患者さまの情報収集(4月)
・注射、点滴(確認~患者さまへの実施まで)(4月)
・報告、連絡、相談の徹底(4月)
・リーダー業務の見学(5月)
・サブ業務見学及び実施(5月)
・サブ業務+ICU外回り(6月)
・準夜勤務導入(7月)  ほか
テーマ別研修(毎月テーマを決めて集合研修を実施)
・採血の理解と実施
・知っておきたい排泄ケアの基本
・輸液管理の基本
・酸素療法時の看護
・急変時の看護
・心電図の基本
・安全な医療機器の取り扱い  ほか

継続教育

年間教育計画(CDP:Career Development Program)

看護師の継続教育として年間教育計画(CDP:Career Development Program)を基に、それぞれの対象者に研修を行っています。CDPでは、対象者に合わせた卒後年数別役職別トピックス研修認定看護師研修等が計画されており、2年目以降の教育はCDPに組み込んだ継続的な学習を行っています。また、各部署専門の研修会を定期的に開催しており、他部署の職員も参加できるので、部署に囚われることなく多くの疾患や技術を学ぶ機会を提供しています。

megane


卒後2・3年目

・高齢者の理解と看護
・ドレナージの理解と看護
・呼吸器/循環器/脳
・神経疾患患者の看護  ほか

kenshuu1


卒後4年目以上

・クリニカルパスの基本・感染予防と看護
・チームリーダー研修  ほか

各種支援制度

自己啓発助成制度

講習会、研修会、通信教育など、看護業務に必要な知識や技術を向上させるために受講する場合、年間2回まで最大8割、20万円まで助成します。

認定看護師資格取得支援制度

受講期間中の給与・賞与を全額支給するほか、研修の入学金や授業料を病院が負担します
(資格取得後は資格を生かし当院で5年以上活躍していただくことが条件になります)。

学資金貸付制度

2年制の場合は24か月間、3年制の場合は36か月間、4年制大学の場合は2年次より36か月間、所定の金額を貸し付ける制度です。卒後、当院にて貸付期間と同じ期間勤務された場合は、返済が免除されます。

生活資金貸付制度

2年制の場合は2年間、3年制の場合は3年間、4年制大学の場合は2年次より貸し付ける制度です。入職後、均等割りにて毎月の給与から返還となります。
いずれも、金額には上限があります。年度の途中からの支給開始の場合には、その年度に限り遡って支給されます。金額など詳細については、当院の庶務課までお問い合わせください。

〔連絡先〕
電話:042-391-1425 (受付時間 平日 9:00~17:00

その他

院内の全部署・職種が参加して年1回行う院内業績発表会、医療安全講習会ほか各種勉強会を随時開催しています。