平成29年度 新山手 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 8 30 37 91 185 323 723 817 222
当院は多摩北部医療圏における急性期医療を担っており、質の高い医療を幅広い年齢層の患者様に提供しております。
多摩北部医療圏は高齢率が高い地域であり、当院も60代から90代の患者様の割合が高くなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x3990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10以上)-手術なし-処置1:なし-処置2:4あり-副病:なし-発症前Rankin Scale 3、4又は5 - 7.50 22.45988 0.00% 85.00
010230xx99x01x てんかん-手術なし-処置2:なし-副病:あり - 7.50 18.48971 50.00% 88.00
0400801499x004 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)-手術なし-処置2:なし-副病:なし-A-DROP スコア4 - 27.50 18.33000 50.00% 83.50
050130xx99020x 心不全-手術なし-処置1:なし-処置2:2あり-副病:なし - 37.50 24.77276 0.00% 83.50
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患-手術なし-処置2:なし - 40.00 17.15897 100.00% 64.00
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎-手術なし-処置2:なし-副病:なし 51 31.02 20.82619 23.53% 81.94
040110xxxxx0xx 間質性肺炎-処置2:なし 45 31.04 19.64534 4.44% 78.20
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)-手術なし-処置2:なし-副病:なし-A-DROP スコア2 27 17.04 15.11933 11.11% 82.52
0400801499x013 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)-手術なし-処置2:なし-副病:あり-A-DROP スコア3 23 29.04 19.85214 0.00% 84.70
0400801499x004 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)-手術なし-処置2:なし-副病:なし-A-DROP スコア4 20 18.35 18.33000 0.00% 85.25
【解説】
呼吸器内科では、肺炎、慢性閉塞性肺疾患などの呼吸器疾患全般の診断と治療を行っています。
肺がんの確定診断を行う検査、抗癌剤治療の症例や、高齢化率が高いことから誤嚥性肺炎の症例が多くなっています。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 12 9.42 8.98453 8.33% 76.17
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患-手術なし 11 6.00 7.86805 0.00% 63.55
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎-限局性腹腔膿瘍手術等-処置2:なし-副病:なし - 18.00 10.61222 0.00% 84.50
060020xx99x00x 胃の悪性腫瘍-手術なし-処置2:なし-副病:なし - 7.86 11.11385 0.00% 91.29
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)-手術なし - 2.29 3.01554 0.00% 79.86
【解説】
消化器外科は胃がん、大腸がん、肝がん、膵がん等の消化器系の「がん」だけでなく、慢性肝炎や炎症性腸疾患などの腹部良性疾患や貧血をはじめとする各種疾患、救急対応が必要な腹部急性疾患にも対応しています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患-手術なし-処置1:1あり-処置2:なし-副病:なし 100 3.03 3.02741 1.00% 72.08
050130xx99000x 心不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 85 18.05 17.70713 7.06% 81.51
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患-経皮的冠動脈形成術等-処置1:なし、1,2あり-処置2:なし-副病:なし 62 6.69 4.62248 0.00% 71.76
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈-経皮的カテーテル心筋焼灼術-処置2:なし 49 4.98 5.30076 2.04% 68.12
050210xx97000x 徐脈性不整脈-手術あり-処置1:なし、1,3あり-処置2:なし-副病:なし 27 11.19 11.20707 3.70% 78.07
【解説】
循環器内科では、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)や心不全、不整脈、弁膜症、大動脈疾患、先天性心疾患等の心血管疾患全般、腎疾患および高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病を主な専門領域に診療を行っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。)-手術なし-処置2:4あり-副病:なし 14 7.00 9.68861 0.00% 74.57
060030xx99x3xx 小腸の悪性腫瘍、腹膜の悪性腫瘍-手術なし-処置2:3あり - 2.00 7.41883 0.00% 55.00
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患-手術なし - 9.00 7.86805 0.00% 46.70
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍-手術あり-処置2:なし - 18.11 12.34774 0.00% 72.56
060035xx0101xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍-結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等-処置1:なし-処置2:1あり - 35.25 30.71280 0.00% 76.25
【解説】
外科では胃や大腸、胆肝膵領域の癌の手術症例、虫垂炎や腸閉塞、消化管穿孔、ヘルニア嵌頓などを対象としています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折-人工骨頭挿入術 肩、股等 49 41.65 27.08671 6.12% 81.78
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)-手術なし-副病:なし 30 34.17 19.94347 0.00% 82.27
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症-手術なし 26 31.73 22.44485 0.00% 82.04
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎-脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等-処置2:なし 20 40.35 21.70131 0.00% 77.55
070370xx97x1xx 脊椎骨粗鬆症-その他の手術あり-処置2:あり 15 58.73 43.14789 6.67% 85.27
【解説】
整形外科では、主に脊椎や上肢、下肢の病気が上位を占めています。なかでも脊椎・大腿骨や下腿骨の骨折など手術を実施するケースが増加傾向にあります。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990211 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)-手術なし-処置1:なし-処置2:2あり-副病:1あり-発症前Rankin Scale 0、1又は2 - 11.00 18.64246 0.00% 86.00
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
01021xxxxx0x0x 認知症-処置1:なし-副病:なし - 1.00 13.96443 0.00% 83.00
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11013xxx99xxxx 下部尿路疾患-手術なし 12 9.50 9.44400 0.00% 72.83
110070xx0200xx 膀胱腫瘍-膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術-処置1:なし-処置2:なし 11 11.91 7.30737 0.00% 78.64
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症-手術なし-副病:なし - 19.44 12.34174 0.00% 77.11
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患-手術なし - 11.25 8.94073 0.00% 79.75
110080xx99030x 前立腺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:なし-処置2:3あり-副病:なし - 32.00 14.80736 0.00% 83.33
【解説】
泌尿器科では、腎臓・尿管・膀胱・尿道などの尿路系と、陰嚢・陰茎・前立腺など男性生殖器系の泌尿器領域全般を診療しています。
膀胱癌に対する手術の症例や尿路感染症に対する投薬治療の症例が多くなっています。
糖尿病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。)-手術なし-処置2:1あり-副病:なし-85歳未満 17 24.65 14.27291 0.00% 65.06
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。)-手術なし-処置2:1あり-副病:あり-85歳未満 - 37.00 15.63074 0.00% 76.00
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。)-手術なし-処置2:なし-副病:なし-85歳未満 - 20.50 11.15710 0.00% 48.50
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。)-手術なし-処置2:1あり-副病:あり-85歳未満 - 50.50 15.87298 50.00% 78.00
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。)-手術なし-処置2:1あり-副病:なし-85歳未満 - 21.50 14.62694 0.00% 73.50
【解説】
糖尿病内科においては,入院症例の大多数を占める2型糖尿患者様を中心に診療しております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 5 7 0 16 6 2 1 7
大腸癌 2 23 21 13 1 3 2 7
乳癌 0 4 0 1 0 3 1 7
肺癌 6 4 15 35 1 11 1 7
肝癌 0 1 0 0 0 3 2 5
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【解説】
日本で現在最も罹患数の多い5つのがん(胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌)の病期(ステージ)ごとの症例数を集計しました。
がんの症例数をみることで、その病院がどの程度がん治療に積極的に治療をしているかを知ることができます。
また、病期分類別にみることによってその病院の診療の幅広さを知ることができます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - 10.88 60.63
中等症 71 17.65 80.01
重症 23 21.30 82.09
超重症 42 22.93 83.81
不明 - - -
【解説】
市中肺炎とは病院外で日常生活をしていた人に発症する肺炎のことです。
肺炎の重傷度は成人市中肺炎診療ガイドラインによる※A-DROPスコアを用いて分類しております。
肺炎は高齢者に多く発症する疾患ですが、下記表の通りA-DROPスコアの項目に年齢要件があるため、病態に関係なく中等症に該当する症例が顕著に多くなっ
ています。
高齢になるほど重症度が高くなり平均在院日数が長くなる傾向にあります。

※A-DROPスコア
Age(年齢):男性70歳以上、女性75歳以上
Dehydration(脱水):BUN21mg/dL以上または脱水あり
Respiration(呼吸):Spo2<=90%(PaO2 60Torr 以下)
Orientation(意識障害):意識障害あり
Pressure(収縮期血圧):収縮期血圧90mmHg以下
5点満点で、1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点。

軽症:0点の場合。
中等症:1~2点の場合。
重症:3点の場合。
超重症:4~5点の場合。ただし、ショックがあれば1項目のみでも超重症とする。
不明:重傷度分類の各因子が1つでも不明な場合。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 17 14.29 84.12 21.05%
その他 - 31.00 90.50 5.26%
【解説】
発症から3日以内の急性期脳梗塞の患者様が多い状況です。転院率では21.05%に対し5.26%と開きがあり、発症から3日以上経過した症例は転院が
困難な状況となっております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K654 内視鏡的消化管止血術 - 11.00 72.00 100.00% 83.00
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - 2.00 11.00 0.00% 54.00
K682-2 経皮的胆管ドレナージ術 - 5.00 6.00 0.00% 93.00
【解説】
内科の手術は内視鏡手術にて早期治療で入院されるケースが殆どです。
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 29 0.00 1.07 0.00% 67.48
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) - 3.71 4.71 0.00% 67.57
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - 20.50 19.75 0.00% 75.25
K513-4 胸腔鏡下肺縫縮術 - 14.00 18.00 0.00% 79.00
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) - 0.00 4.00 0.00% 69.00
【解説】
呼吸器内科では、内視鏡、胃瘻造設、肺腫瘍、肺感染症、アレルギー・免疫疾患、慢性閉塞性肺疾患、間質性肺疾患、睡眠時無呼吸など多岐にわたる疾患を診療しています。

消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 49 0.47 1.20 0.00% 66.84
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 - 2.88 7.25 12.50% 67.63
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - 8.33 11.83 0.00% 86.33
K735-4 下部消化管ステント留置術 - 3.00 11.83 0.00% 64.33
K6534 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(その他) - 0.00 4.40 0.00% 71.40
【解説】
消化器外科は内視鏡を使用した手術が多くなっています。
消化器内科では内視鏡による検査・治療など、多種多様にわたり幅広く診療しています。
最も多い症例は内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術となっております。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 36 0.81 3.28 0.00% 68.22
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 35 0.00 6.89 2.86% 70.31
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 26 2.96 4.65 0.00% 71.54
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 21 2.24 9.24 0.00% 76.52
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 15 0.47 3.33 6.67% 68.00
【解説】
循環器内科では狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患、頻脈性不整脈など幅広い心疾患に対応しており、狭心症、慢性虚血性心疾患の症例が最も多くなっています。中でも1番多い症例は、経皮的カテーテル心筋焼灼術です。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 38 1.50 2.32 0.00% 69.32
K735-4 下部消化管ステント留置術 11 3.00 31.46 0.00% 70.18
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 - 8.10 22.40 0.00% 78.10
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 - 4.38 8.25 0.00% 67.75
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) - 3.83 26.17 0.00% 68.17
【解説】
外科では総合的な外科診療に取り組み、各種消化器癌の外科的治療のほか鼠径ヘルニア手術・腹腔鏡下手術等幅広く積極的に対応しております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 etc. 42 3.24 40.14 7.14% 81.62
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 etc. 30 3.37 36.37 6.67% 83.20
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 16 7.25 27.88 0.00% 77.19
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹 etc. - 1.50 1.88 0.00% 69.88
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 - 2.86 9.43 14.29% 54.43
【解説】
整形外科の患者様の多くはご高齢の患者様です。骨粗鬆症に関連した骨折、なかでも大腿骨近位部骨折、脊椎圧迫骨折、橈骨遠位端骨折の患者様が多く、早期手術、早期リハビリテーションに努めてADLの自立を得ています。また何らかの原因で脊椎の神経の通り道が圧迫される疾患である脊柱管狭窄症に対する手術・治療も行なっています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 13 2.39 8.85 0.00% 77.92
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 - 2.43 14.29 0.00% 68.43
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - 6.00 9.33 0.00% 75.67
K735-4 下部消化管ステント留置術 - 15.00 4.00 0.00% 85.00
K8271 陰茎悪性腫瘍手術(陰茎切除) - 2.00 7.00 0.00% 72.00
【解説】
泌尿器科では、膀胱癌や尿管狭窄、尿管結石に対する経尿道的手術が上位を占めています。
糖尿病内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 - 4.00 27.00 0.00% 49.00
【解説】
生活習慣病としての代謝疾患(糖尿病、高脂血症、高尿酸血症)などの診療を行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 2 0.08%
異なる 4 0.16%
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.04%
異なる 1 0.04%
180040 手術・処置等の合併症 同一 1 0.04%
異なる 2 0.08%
【解説】
当院は急性期医療を担っており、重篤かつ緊急を要する症例を多く受け入れていることから、合併症としてDICや敗血症などを引き起こすことがあります。
手術・処置等の合併症は、どのような症例でも一定の確率で起こりうるものですが当院の発生率は上記のようになっております。
更新履歴
2018.9.28
平成29年度新山手病院指標を更新いたしました。