生活習慣病

生活習慣病外来、糖尿外来を開設し、糖尿病、肥満症、脂質異常症などの治療や指導を行っています。

代表的な疾患

メタボリックシンドローム

近年、日本人にも肥満の人が増えてきていますが、肥満のうちでもお腹に脂肪がたまる内臓脂肪型肥満(内臓脂肪蓄積)が動脈硬化を進行させる原因のひとつであることがわかってきました。内臓脂肪蓄積があれば、糖尿病や高脂血症、高血圧などが起こりやすくなり、しかもこれらが重複すると、動脈硬化を進行させる危険が高まると言われています。メタボリックシンドロームとは、こうした内臓肥満に高血圧や高血糖、脂質代謝異常が組み合わさり、心臓病や脳卒中などの動脈硬化性疾患をまねきやすい病態のことを言います。単に腹囲が大きいだけではメタボリックシンドロームにはあてはまりません。

日本の健診では、ウエスト周囲長の基準値を男性85cm/女性90cmと定め、これを超えて血圧・血中脂質(HDLコレステロール・中性脂肪)・血糖(あるいはHbA1c)のうち2項目以上が基準値を超えるとメタボリックシンドローム、1項目であれば予備軍として判定しています。ウエスト周囲長のよく聞かれる疑問として、「なぜ男性よりも女性の基準値の方が大きくなっているのか?」ですが、女性は男性よりも皮下脂肪がたまりやすく、同じ量の内臓脂肪がたまっていても皮下脂肪の分だけウエスト周囲長が大きくなるからです。

メタボリックシンドロームの最大の危険は、手遅れになるまで症状がほとんどない点にあります。本人はとても元気で病気のことを意識していない、もしくは無関心でいるうちに、動脈硬化が進行して、ある日突然心臓発作や脳卒中を起こし、日常生活に支障を来たし、最悪のケースでは不幸な転帰をとる人も少なくありません。これを防ぐためにも、年に一度は健診を受け、メタボリックシンドロームに該当すれば、生活習慣病外来を受診し、食事・運動などの生活習慣改善指導や必要な検査、治療を受けることをお勧めします。


【生活習慣病外来が担当する、その他の病気】

 ・糖尿病
 ・脂質異常症
 ・肥満症
 ・高尿酸血症

医師のご紹介

dr_image

総合健診推進センター長
総合健診推進センター統括事業部門長
宮崎 滋
(みやざき しげる)
診療部門 内科
略歴 東京医科歯科大学医学部卒
1971年 医師免許取得
専門分野 生活習慣病
認定資格など 日本内科学会
認定医・指導医

日本糖尿病学会
専門医・指導医

日本内分泌学会
専門医・指導医

日本肥満学会
専門医・指導医

日本病態栄養学会
NSTコーディネーター