循環器内科

平成16年5月に、循環器疾患の集約的医療を行うため、循環器病センターを開設しました。現在、CCU5床を含めた38床と心臓カテーテル検査室、血液浄化室を有し、各種循環器疾患の診断と治療にあたっています。


目標:

1.急性期循環器疾患への迅速な対応を心がけます。

2.近隣医師会・大学との緊密な医療連携を目指します。

3.生活習慣病に対する積極的な一次予防を推進します。

4.複雑症例に対する心臓血管外科との連携体制を確立します。

5.積極的な学会参加と発表を行い、最新の治療の研究に貢献します。


◎日本循環器学会循環器専門医研修関連施設(指定番号第1337号)
◎日本不整脈学会認定不整脈専門医研修施設

代表的な疾患

虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)

日本での虚血性心疾患は、欧米各国に比べると少ないですが、高齢者人口の増加につれて患者数は増え続けており、日本の3大死因の一つとなっています。急性心筋梗塞だけで言えば、その発症数は年間約15万人で、そのうち30%の方が亡くなられています。


心臓は1日に約10万回、生涯休みなく拍動するポンプです。このポンプを動かすエネルギー源は冠動脈を流れている血液で、その血液が心筋細胞へ栄養を運んでいるため、心臓は絶え間なく働き続けることができます。この冠動脈の血管壁にコレステロールがたまり動脈硬化が進むと、血管の内側が狭くなり、心臓に十分な血流を送ることができない状態になります。それを「狭心症」といいます。さらに血管が狭くなって血流が途絶えたり、血栓や異物などで完全に塞がったりすると、その部分の心筋細胞が壊死してしまいます。これを「心筋梗塞」といいます。このような虚血状態になると、胸痛や胸の圧迫感といった、心臓からのSOS信号が発信されます。一般的には冠動脈形成術によって治療を行いますが、場合によっては冠動脈バイパス術と言われる手術を行います。このため、心臓血管外科との連携がとても重要になります。

不整脈

通常、人の心拍は一定のリズムで拍動しています。そのリズムが何もしていないのにバラバラになったり(期外収縮、細動)、早くなったり(頻脈)、遅くなったり(徐脈)することを「不整脈」といいます。不整脈は特に症状がなければ、問題ない場合が多いのですが、以下の症状がある場合、注意が必要です。


1.失神する。何もしていないのにフラッとする。

2.脈拍数が40回/分以下で、息切れやめまいがする。

3.突然動悸が始まる。


また、高齢化社会を迎えたことで、最近注目を集めている「心房細動」と呼ばれる不整脈も注意の必要な不整脈の一つです。そのほとんどは、お薬で予防したり、高周波カテーテルアブレーション治療を行ったり、ペースメーカーや植込み型除細動器と呼ばれる医療機器を体内に埋め込むことで治療を行います。

特色と専門

経皮的冠動脈形成術

経皮的冠動脈形成術とは、カテーテルと言われる、細い管を冠動脈まで挿入し、狭窄している部位に小さい風船を持っていき、狭窄部位で膨らませることで、狭窄している血管を押し広げます。その際に、「ステント」と呼ばれる金属の管を狭窄部位に置くことで、再度狭窄することを防ぎます。また、血栓や異物によって血管が塞がれている場合は、吸引することで血栓や異物を除去する方法もあります。

高周波カテーテルアブレーション治療

高周波カテーテルアブレーション治療は、国内では約20年前から行われ始めた治療で、現在では年間一万数千例が行われている治療方法です。心臓電気生理検査にて判明した、不整脈を発生させる「異常な電気を発信する心筋」や「異常な電気の通り道」を、カテーテルの先端から発生させた高周波電流にて焼灼します。そうすることで、異常な電気の発生を抑止させたり、異常な電気を通さなくすることで、不整脈が起こらなくなります。

ペースメーカー

徐脈治療には、ペースメーカー治療が広く一般的に行われており、日本では年間4万個以上が埋め込まれています。徐脈は、「心臓を動かす電気の発生源から電気が正しく発生しなかったり」、「電気の通り道が正しく機能しない」ことが原因で起こります。このため、ペースメーカーと言われる医療機器を埋め込むことで、電気の発生を補助したり、電気の伝達を補助して徐脈を是正します。

医師のご紹介

dr_image

循環器ンター長
中村 健太郎
(なかむら けんたろう)
診療部門 循環器内科
略歴 杏林大学医学部卒
1997年 医師免許取得
認定資格など 日本医師会
認定産業医

日本内科学会
認定内科医・総合内科専門医

日本循環器学会
循環器専門医

日本不整脈学会
専門医
循環器病センター副センター長
循環器科長
笠岡 祐二
(かさおか ゆうじ)
診療部門 循環器内科
略歴 東京大学医学部卒
1995年 医師免許取得

東京大学大学院
医学系研究科卒
2002年 医学博士取得
認定資格など 日本医師会
認定産業医
医長
中川 貴史
(なかがわ たかし)
診療部門 循環器内科
略歴 山口大学医学部卒
2006年 医師免許取得
医長
山田 朋幸
(やまだ ともゆき)
診療部門 循環器内科
略歴 杏林大学医学部卒
2005年 医師免許取得
認定資格など
日本内科学会
認定内科医

日本循環器学会
循環器専門医